1月5日の物語


さぁ、はじめよう!!
1月5日という暦には、どんな物語が眠っているのでしょうか。

ほんの少しだけ覗いてみました。

 

⦿ 今日は何の日?

 モナコ大公レーニエ3世ご婚約 
1956年にモナコ大公レーニエ3世とアメリカの女優グレース・ケリーがご婚約を発表される。

 

 

 

 囲碁の日 
1(い)5(ご)とよんだ語呂合わせからうまれた記念日。
日本棋院では毎年1月5日に「打ち初め式」が行われる。

 

⦿ 誕生石

 ジルコン 
英名:Zircon
和名:風信子 ふうしんしせき
結晶系:正方晶系
モース硬度:6 〜 7.5
原産地:ミャンマー、スリランカ、タンザニアなど
石色:無色、水色、青、緑、黄、オレンジ、赤など
石言葉:やすらぎ、私だけを見つめて、名誉

 

 

現段階で「地球上で最も古い鉱物」といわれている、古代から宝石として愛用されてきた石で、ダイヤモンドの模倣品としてもよく使われてきた。

 

⦿ 誕生花

 三角草 みすみそう 
学名:Hepatica Nobilis ヒパティカ・ノービリス
英名:Hepatica ヒパティカ
別名:雪割草 ゆきわりそう、Liverwort リヴァワート
分類:キンポウゲ科ミスミソウ属
原産地:北半球の温帯(日本、ヨーロッパ、北アメリカ)
開花期:2~5月
花言葉:自信、信頼、忍耐、あなたを信じます
花色:白、ピンク、青、紫
誕生花:1/5、1/7、1/11、1/12、1/18、1/20、1/26、2/16、2/28

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山野草の苗/雪割草:銘品(花色アソート)2.5号ポット 3株セット
価格:1665円(税込、送料別) (2017/11/22時点)

 

三角草とは、三角形担っている葉にちなんだ名。雪割草は、正月から春にかけて降り積もった雪を割るようにして茎を伸ばし、花を咲かせる様子にちなんで花名。

 

 ホワイトスター 
学名:Oxypetalum coeruleum オキシペタラム・コエルレウム
英名:White Star
別名:Oxypetalum オキシペタラム
分類:ガガイモ科オクシペタルム属
原産地:ウルグアイ、ブラジルなどの中南米
開花期:3~11月
花言葉:信じ合う心、幸福な愛、 早すぎた恋
花色:白
誕生花:1/5

フラワーブーケやブライダル花材などによく使用されているブルースターの白い花。

ホワイトスターは、5枚の白い花びらが輝く星のように見えることからついた花名。

 

 喇叭水仙 ラッパズイセン 
学名:Narcissus Pseudonarcissus ナルキッソス・プセウドナルキッスス
英名:Daffodil ダフォディル
別名:Narcissus ナルキッサス
分類:ヒガンバナ科スイセン属
原産地:スペイン、ポルトガル、ドイツ、イギリスにかけての地中海沿岸
開花期:3~4月
花言葉:再生、尊敬、報われぬ恋
花色:黄、白
誕生花:1/13、1/16、1/19、2/8、2/9、2/16、2/22、3/1、3/7、4/3

ふつうの水仙に比べて副花冠(ふくかかん / 花びらの内側にある弁状の付属物)がラッパ状のように突き出ている花。

ギリシャ神話の大地の女神ケレス(Ceres)の娘ペルセポネ( Persephonē)がナルシス(Narcisse)の水仙を髪につけて野原で花摘みをしていたら、冥界の神ハデス(Hāidēs)に連れさられた。その時にハデスがペルセポネが付けていた水仙に触れてしまい、ハデスは「ラッパズイセン」に変わってしまったことにちなんだ花。

 

⦿ 誕生星

いて座 σ(シグマ)星
いて座で2番目に明るい恒星で2等星で、南斗六星を形成する星のひとつ
別名:ヌンキ

 

⦿ 誕生色

#736D71

スチールグレイ Steel Grey
鋼鉄(はがね)のような青みがかった暗いグレー色
CMYK:63.58.51.2
RGB:115.109.113

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.