4月1日の物語


さぁ、はじめよう!!

ほんの少し知った気になれるかもしれない、「4月1日」に関する事柄をまとめてみたものです。

 

 

今日は何の日?

April Fool エイプリルフール

罪のない嘘をついて良いとされる日。

エイプリルフールは、英語で「4月に騙(だま)された人」を意味し、日本では「四月馬鹿(しがつばか)」、中国では「万愚節(ばんぐせつ)」、フランスでは「Poisson d’avril(プワソン・ダヴリル) / 四月の魚」とも呼ばれている。

エイプリルフールの起源については諸説あるようだが確証がなく、いつ、どこで始まったのかは不明である。

一説には、16世紀のヨーロッパの新年は「3月25日」とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが、1564年にフランスのシャルル9世が「グレゴリオ暦」を採用し、1月1日を新年としたことで、それに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」と位置づけて、馬鹿騒ぎをするようになったことが「エイプリルフール」の始まりとされている。

 

新学年

日本では、学校の学年年度や役所・企業などの会計年度を「4月1日から翌年の3月31日まで」の1年としているため、学校では「4月1日」から新学年となる。

ただし、海外では学年年度や企業の会計年度を9月締めにしていることが多いため、最近では、日本の学年年度や企業の会計年度でも、国際基準に合わせているケースもある。

もともと日本では、入学の時期は特に定められておらず、年中入学可能だったが、1886(明治19)年10月に、高等師範学校が学年暦を4月1日からと定めたことで、1888(明治21)年からこれにならい全国一斉に採用されるようになった。

4月1日生まれの人は、早生まれ扱いされ前年度の学年になる。

これは学校教育法で「保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う」とされているため。

「満6歳」の定義として、「年齢計算ニ関スル法律」では「年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス」とあり、生まれた日を1日目として計算するので、3月31日をもって「5歳の期間が満了する」ことになため「満6歳」となる。よって、その翌日の4月1日に始まる学年から小学校に入学するとなる。

 



 

新年度・年度始め

日本では、学校の学年年度や役所・企業などの会計年度を「4月1日から翌年の3月31日まで」の1年としているため、4月1日はその年度の最初の日となる。

ただし、海外では学年年度や企業の会計年度を9月締めにしていることが多いため、最近では、日本の学年年度や企業の会計年度でも、国際基準に合わせているケースもある。

江戸時代までは、暦年とは別の「年度」というものはなく、「1月から12月まで」で会計を行っていたが、明治維新の後に政府の財政が苦しくなり、暦年と合わせることができなくなったため「年度」がつくられ、1886(明治19)年から「4月から翌年3月まで」となったようだ。

 

パリ万国博覧会

1867年にパリ万国博覧会が開幕し、世界から42ヶ国が参加して、4月1日から11月3日までフランスのパリで開催された。

日本も初めて参加し、江戸幕府・薩摩藩・佐賀藩が出展を行っている。

 

成年

1876(明治9)年に明治政府により「自今満弐拾年ヲ以テ丁年ト相定候」と太政官布告が発布され、男子の満20歳以上を丁年(ていねん / 成年)と定めた。

 

宝塚少女歌劇

1914(大正3)年に、16人の少女たちによる「宝塚少女歌劇養成会」が、宝塚新温泉で集客のために開催された「婚礼博覧会」の余興のひとつとして、同温泉内のパラダイス劇場で初公演を行い、「ドンブラコ」「浮れ達磨」「胡蝶の夢」の3本が公演された。

その後、1919(大正8)年に「宝塚音楽歌劇学校」の設立とともに、生徒と卒業生でで組織される「宝塚少女歌劇団(宝塚歌劇団)」が誕生した。

 

五百円硬貨

1982(昭和57)年に、五百円紙幣に代わり五百円硬貨が発行された。

 

日本記念協会

1991(平成3)年に、記念日に関する情報の窓口として「日本記念協会」が創設された。

 

新元号 令和

2019年4月30日に、「皇室典範特例法」の規定に基づく天皇陛下(今上上皇)が退位され「上皇」になられるとともに、皇太子 徳仁親王(なるひとしんのう)が翌5月1日に「新天皇」として即位された。

日本の憲政史上で初めて、天皇の退位による皇位の継承に伴って「改元」が行われることとなり、「元号法」の規定に基づき、5月1日午前0時より元号は「平成(へいせい)」から「令和(れいわ)」に改められた。

令和とは、日本に現存する最古の和歌集「万葉集(まんようしゅう)」の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文「時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は 珮後の香を薫す」という一節から引用されたもので、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められている。

これまでの元号のほとんどが中国の古典から用いられていたのに対し、典拠が日本古典(国書)となるのは初めてである。

 

 

 

誕生石

パイライト

 

 

誕生花

茴香 ういきょう
金雀枝 えにしだ
オーニソガラム
苧環 おだまき
霞草 かすみそう
カルミア
桜 さくら
菜の花 なのはな
藤 ふじ
マーガレット
雪柳 ゆきやなぎ
蕪 かぶ

 

 

誕生星

くじら座 β(ベータ)星
くじら座の恒星で2等星
別名:デネブ・カイトス

 

 

誕生色

#FDEFF2

薄桜 うすざくら
桜の花の色のようなほんのり白みがかった紅色
CMYK:1.10.3.0
RGB:253.239.242

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

カテゴリー4月