6月14日の物語


さぁ、はじめよう!!

ほんの少し知った気になれるかもしれない、「6月14日」に関する事柄を、まとめてみたものです。

 

 

今日は何の日?

賤ヶ岳の戦い

1583(天正11年4月24日)年に、羽柴秀吉(はしば ひでよし / 豊臣秀吉)と柴田勝家(しばた かついえ)が、近江国(おうえのくに / 滋賀県)の賤ヶ岳(しずがたけ)付近で、本能寺の変で亡くなった織田信長(おだ のぶなが)の後の織田家の政治主導権を争った戦い。

 

フラッグデー

1777年に、「星条旗」を正式にアメリカ合衆国の国旗と定めた。

アメリカが独立宣言を行った頃の旗にはイギリスの国旗が入っており、独立戦争で戦った相手の国の国旗が旗に入っていては国民の士気に影響するということで、ワシントンらがフィラデルフィアの旗作り職人ベッツイ・ロスに依頼した「星条旗」を、1777年に正式にアメリカ合衆国の国旗と定め、第28代大統領ウィルソンが「6月14日」を国民の祝日とした。

また、「オリンピック大会旗」が1914年に制定されたのも「6月14日」で、パリで開催されたオリンピック委員会で、世界の5大陸がオリンピック精神の下に交わることを象徴する「五輪旗」が制定された。

5つの輪は世界の五大陸を象徴し、青はオセアニア、黄はアジア、黒はアフリカ、緑はヨーロッパ、赤はアメリカの各大陸を表わしている。

 

世界献血者デー

献血者に感謝するとともに、輸血用血液の世界的な需要が高まる中で、献血活動に協力するボランティアに敬意を表し、その活動を広く認識してもらうことを目的に、国際赤十字・赤新月社連盟、世界献血団体連盟、国際輸血学会が、ABO式血液型を発見した生物学者 カール・ラントシュタイナー(Karl Landsteiner)の1868年6月14日の誕生日にちなんで、2004年に「World Blood Donor Day(ワールド・ブラッド・ドナー・デイ)」と制定した記念日。

 



 

 

誕生石

ブラジリアナイト

 

 

誕生花

紫陽花 あじさい
梔子 くちなし
コレオプシス
グラジオラス(ピンク)
オキシペタルム
ベゴニア

 

 

誕生星

オリオン座 δ(デルタ)星
オリオン座の恒星で2等星で、オリオン座の三つ星を形成する恒星のひとつ
別名:ミンタカ

 

 

誕生色

#F8F4E6

アイボリー ivory
象牙のような黄みがかった白色
CYMK:0.2.10.5
RGB:248.244.230

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

カテゴリー6月